ぎょうざ亭江戸崎店

茨城県稲敷市犬塚にあるぎょうざ亭江戸崎店|おいしい手作り餃子 もちもち餃子通販お取り寄せ販売

お店案内

髙橋 博一
この度はご来店誠にありがとうございます。
当店自慢のもちもち餃子を全国の皆様に味わって頂きたくショップを開店いたしました。
エビが丸ごと1本入った当店看板のおどり餃子やご飯に良く合うカレー餃子、女性に人気のヘルシー野菜餃子など多数メニューをご用意しておりますのでお楽しみください。
よろしくお願いいたします。

店主 髙橋 博一

 

商品カテゴリ

コンテンツ

メール会員登録

 

HOME»  にんにくが日本の餃子に入っている理由

にんにくが日本の餃子に入っている理由

にんにくが日本の餃子に入っている理由

日本で食べられている餃子の多くはにんにくが入っていますが、餃子の本場である中国ではにんにくは入っていません。こちらではにんにくが日本の餃子に入っている理由についてご紹介いたします。

日本と中国の餃子の食べ方の違い

日本と中国の餃子の大きな違いとして、にんにくが入っているかいないかという点が挙げられます。日本の一般的な餃子である焼き餃子にはにんにくが入っていますが、中国の一般的な餃子である水餃子にはにんにくが入っていません。しかし、中国では茹でたての水餃子と一緒に、生のにんにくを丸ごとかじりながら食べたり、にんにくを潰して醤油やお酢を混ぜたタレにつけて食べています。

日本で餃子が普及した時代背景

餃子の起源とされている中国では餃子ににんにくを入れていないのに、なぜ日本ではにんにくを餃子に入れて食べるのでしょうか。これには諸説ありますが、日本に餃子が普及した時代背景が関係していると考えられています。

日本で餃子が広く普及したのは第二次世界大戦後と言われており、その当時は様々な食料を確保するのが難しい時代でした。もちろん餃子を作る材料も手に入りにくかったと言われています。

戦後の日本の餃子に適したにんにく

餃子が普及した当時は餃子の材料が手に入りにくい時代で、特に豚肉が手に入らなかったと言われています。
そこで、当時の人々は豚肉の代わりとして比較的手に入りやすい羊肉で代用しましたが、羊肉にはクセがあったため、羊肉を食べる習慣がない日本人にはなかなか受け入れられませんでした。

しかし、にんにくと一緒に羊肉を混ぜ合わせることで、クセをなくせることを発見したのです。この作り方が現代まで伝わり、豚肉が手に入るようになった今でもにんにくを餃子に入れていると言われています。

茨城の餃子を通販で!

茨城県稲敷市にある当店では、えび餃子や野菜餃子など、手作りしたおいしい餃子通販サイトでも販売しております。当店自慢のおいしい餃子をご家庭で味わっていただくために、素材一つ一つにこだわり手作りしております。女性に人気のにんにくを使っていない野菜餃子、にんにくのおいしさを味わいたい方におすすめの強烈餃子をご用意しておりますので、お客様の好みに合わせて選ぶことが可能です。おいしい餃子をお探しなら、是非当店の手作り餃子をお取り寄せください。

ぎょうざ亭江戸崎店 概要 茨城のおいしい餃子

店舗名 ぎょうざ亭江戸崎店
所在地 〒300-0507 茨城県稲敷市犬塚1617-159
TEL 029-892-8668
URL http://www.gyouzatei.jp/
営業時間 昼 11:30~14:30  夜 17:00~22:00(21:00ラストオーダー)
定休日 火曜夜 水曜終日
運営責任者 高橋 博一
業種 飲食業
業務内容 手作り餃子/手作りギョウザの通販/えびギョウザ/野菜ギョウザ/焼きギョウザ/焼き餃子/人気手作り餃子のお取り寄せ/おいしい餃子/茨城
説明 茨城のおいしい手作りギョウザなら【ぎょうざ亭江戸崎店】こだわりの手作り餃子を日本全国通販でお求めいただけます。 えび餃子・野菜餃子・焼き餃子など人気メニューをお楽しみください。茨城県稲敷市の店舗では餃子以外においしいメニューが多数ございますのでお近くにお越しの際はぜひお立ち寄りください。おいしいギョウザのお取り寄せなら当店の通販で。
日本
都道府県 茨城県
市町村 稲敷市